鹿嶋市株式会社湊組

生産一課

大径管工場

新日鐵住金株式会社の大径管工場に於いて世界トップランクを誇る原油及び天然ガスパイプラインを主体とする大径溶接鋼管(UOE管)製造のパートナーとしてSAW溶接、鋼管端面の機械加工、非破壊検査、溶接補修、出荷梱包等の業務を行っています。

溶接手入れ作業

元々は溶接から始まりました。溶接技術を持った社員がその技術を活かして日々作業に励んでいます。

 

出荷検査

細心の注意を払って、出荷検査をしています。製品の最終工程でもあり、この検査を終えた製品だけが出荷となります。

 

面削

大型の機械を用いて鋼管の端面を削る工程です。削った箇所は鉄が磨かれていてとても綺麗な輝きを放っていて、製品としての最終加工になります。

小径管工場

小径管工場に於いては、国内のガス管、水道管、油圧配管等の小径溶接鋼管製造のパートナーとして鋼管検査、非破壊検査、出荷結束梱包等それぞれ下工程の業務を一手に請け負っています。

出荷結束梱包

出荷に向けて最終確認です。最後の最後まで手を抜けません。

 

オペレーティング室

機械操作も大切な仕事です。手を使い、頭を使い、集中力を切らさず、仕事しています。

生産二課

日鉄住金大径鋼管

生産二課では、新日鐵住金株式会社の関連会社である日鉄住金大径鋼管株式会社の工場内に於いて製造されているスパイラルシーム鋼管の溶接加工、構内運搬及び一連の出荷作業を主体としています。

主な製品としては、高層マンションの基礎部分となるSR鋼管杭の溶接加工、港湾や河川・橋脚の基礎杭として使用される鋼管矢板の溶接加工です。これら製品の運搬・出荷作業についても生産二課の業務として請け負っています。

中継ぎ加工

工場建設用地の地固め及び護岸工事用等に使用される鋼管を製造するのに、厚みの異なる鋼管を溶接します。(パイプとパイプを溶接でつなぎます)

 

SR加工

スーパーリブを略してSRと言います。鋼管の内面に突起物を溶接で作製し、鋼管の内面にコンクリートを注入した際に、一体性を高める効果があります。

出荷

レッカー(ガータークレーン、フォークリフト)を用いて完成した製品を吊り上げて出荷を行います。重量のある製品の為、慎重な作業が必要とされます。